洋服リフォームで春らしく変わりました。

シルクシフォンの洋服リフォーム(京都)

洋服リフォームはいつも真剣勝負。
お洋服を持ってこられたお客様のお気持ちを一身に背負い、
極限の緊張感の中、時間をかけてじっくりプランを練ります。。。

その為にご了解を得た上で納期を伸ばすこともあります。

お顔や雰囲気を考えて、
一番喜んでいただける仕上がりにとことんこだわっているからです。

ボータイ部分をシルクシフォンにすることで、
リフォーム後にはハリを出す方向性で動きます。

お客様はとても上品な方でしたので、
やんちゃな印象にならないようにリボンの厚みも慎重に見直します。

お顔や雰囲気を考えてリフオームしますので、時間が必要なんです…
だから期限内に仕上げられないことがあります。

通常多くのリフォームやさんは、納期と経費ありきの及第点で仕上てしまいます。

ですが、ブティックエミ洋服リフォームは
経費ではなく、お洋服を持ってこられたお客様の気持ちを尊重しています。

その差は、仕上がりでわかっていただけると実感しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ