顔見世

顔見世

顔見世

今年も見に行きました。
年末の風物詩 顔見世。

やはり他の歌舞伎舞台に比べて衣装の華やかなこと
玉三郎の太夫役が美しくて只ただウットリと見入ってしまいました。

伝統的なお家芸はやはり格式高く 深いです。
もちろん海老蔵は年明けの若手歌舞伎に出るから見られませんが、
片岡仁左衛門は久しぶりに見てドキリとするほど脂がのった色男になられてました。

今年は子役が大勢出ていて賑やかでしたし、
未来の役者が育ってて先行き楽しみです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ